FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】

| スポンサー広告 |
自転車がいい!
今日は家から4キロ弱くらいの『ステラタウン』に行きました。

(先日行った時に、今日まで化粧品が安くなってたから・・・。
・・・と思って行ったんだけど、
結局、それは昨日までだったんだけどね
あ~、お間抜けな私


化粧品を買うから、駐車場代の心配はしなくていいし、
昨日の天気予報で今日は「晴れ時々雨」になってたからと思って、
車で行くつもりで家を出たんだけど、
玄関を出たところでしおりんが「じてんしゃのろっか!」

「え~っ、今日は車で行くよ。」って言うと、
「くるまのらんの!じてんしゃがいい!」
「車に乗ろうよ~」
「いやだ!だ~めっ!じてんしゃがいい!」

結局しおりんに負けて、
自転車で行くことにしました。

「それならステラタウンまでの地図を
ちゃんと確かめて来ればよかった・・・」と思いつつ、
適当に自転車をとばしたけど、なんとか無事にたどり着きました

行きはクネクネ曲がりながら行ったので15分。
帰りは分かりやすい道が分かったので12,3分。

天気予報をよそに、とてもいい天気だったし風も気持ちよくて、
いい運動になりました。

しおりんのおかげだわ

化粧品はあまり安くなかったから買わなかったし。

結果オーライでした


さっきのニュースで、またガソリンが値上がりしてるって言ってたし、
安易に車に乗るのは止めて、
自転車に乗らなきゃね!




話は変わりますが、
この『ステラタウン』、5月にカナダに帰ってしまったおばあちゃん
(しおりんのひいおばあちゃん)が
1年くらい住んでいたマンションに隣接しています。

去年のクリスマスにおばあちゃんがしおりん贈ってくれたプレゼント
きっと、ここで買ってくれた物。

半年前におばあちゃんに会いに来た時には、
まさか自分がこの辺りに住むことになるとは思ってもいなかった!

数ヶ月前までおばあちゃんのテリトリーだった場所に、
今私がいることが、なんだかとっても不思議な感じがして嬉しいような、
でも今はもう遠いカナダに帰ってしまったおばあちゃんのことを
思い出して、寂しいような・・・。
複雑な気持ちになりました。

おばあちゃん、どうしてるかなぁ。。。




スポンサーサイト
【 2007/10/31 】

| 育児日記 | コメント(6) | トラックバック(0) |
新幹線
昨日急にパパが
「東京大丸の閉店セールでコーチが安くなってるみたいだから、
いいのがあったら買えば?」
って言ってくれたので、
今日は東京に行きました

パパの気が変わらないうちに・・・って言うか、
閉店セールも明日までだし

パパと待ち合わせだったんだけど、
少し早めに出て、銀座方面へ。

雑貨屋さん『キャトルセゾン』や『私の部屋』、
『チョロン』などをウロウロ。
それから、ネットで見てずっと欲しいなぁと思ってたけど、
実物を見てからにしたかった『シェールプナ』で
カットソーを買いました

その後いよいよ大丸へ。
ファイナルセール中ということもあり、
店内はけっこう混み合っていて、
ベビーカーでウロウロするのははばかられました

毎回思うけど、東京駅や銀座は、
当たり前かも知れないけど子供連れで行く場所じゃない感じ
一般の人はともかく、店員さんでさえも
「邪魔だよ、邪魔!」って感じの態度を取られることがしばしば。

確かにベビーカーって邪魔だけどさ。
仕方ないのかな・・・。
ま、滅多に行かないからいいけどさ。



コーチのバッグは、本当に安いのかどうなのか分からなくて、
いいなと思ったのは3つあったけど一人では決め兼ね・・・。
「悩むくらいなら買わないでおこうかな。
他にも欲しいバッグあるし・・・。」
って思ってたくせに・・・。

パパと合流して、もう一度見に行ったら、
やっぱり欲しくなって買っちゃった~。
ずっと前から欲しいなぁとは思ってたけど、
なかなか買えずにいたので嬉しい

パパ、ありがとう




・・・と、タイトルと関係ないことばかり書き連ねてしまいましたが。

晩ご飯も東京駅で食べたので、遅くなったので、
帰りはパパの提案で新幹線に乗ることに。

ここでトラブル?!
私はsuicaで一般改札を通ったんだけど、
新幹線の改札を通ろうとすると、ゲートが閉まり、
「乗車券と特急券を買ってください」って言われました。

知らなかった・・・

同じsuicaでも、定期のパパは通れたのにね。

しかも、券売機で新幹線の乗車券と特急券を買おうとしても、
買い方が分からなくて・・・。
どうやら指定席を買うためのボタンを押していたらしく、
どの座席にするか聞かれるので何度もやり直し。

パパに事情を説明して「分からんよ~。何買えばいいの?」って言ってたら、
それを聞いていた改札にいた駅員さんに、
「分からないなら窓口で買え!」って感じのニュアンスで言われ、
私、キレそうでした

結局、一度改札を通ったパパに戻って来てもらって、
買ってもらいました

私は「乗車券+特急券」って書かれたボタンを押していたんだけど、
その上に「自由席」ってボタンがあったみたい。
自由席だって「乗車券+特急券」じゃん!!!
もっと分かりやすくしてくれ~

しかも、suicaを券売機に通してから購入
(そうしろと表示があったから)したのに、
suicaからお金は払えず、
「現金かクレジットカード」で払えとの表示。
なぜ???

自分の無知から来たことだけど、うまく買えなかったことと、
駅員さんの態度にイライラして、
「訳分からん!もう新幹線なんか乗らん!」って
叫んでしまいました


そんなこんなでようやくホームへ。

私はまだ悶々としていたんだけど、
それまでおとなしかったしおりんが
「わぁ~っ!しんかんせんだ~!」

そして、新幹線に乗ると、
「しんかんせんのったねぇ~。
やったぁ~
「すごいねぇ。これ、しんかんせんだねぇ」

って大興奮。

071030shinkansenda.jpg


新幹線、しおりんがイロイロ分かるようになってからは
乗ってないもんね。

飛行機と勘違いしてるのか、
「ジュースこないの?」とか
「『おしりかじりむしぃ~』は?」
(耳を押さえていたので、
飛行機の中で音楽を聴いたことを言ってるんだと思う)
とか言ってました

「新幹線はジュース来ないし、音楽もかからないよ。」って言うと、
「はい、パパ、コーヒーどうぞ!」「おいしいねぇ。コーヒーにがいねぇ。」
って、おままごとが始まりました



電車はもう飽きたみたいではしゃがないけど、
(走り去る電車を見るのは大好きだけど。)
新幹線に乗れたのはしおりんはとっても嬉しかったみたい

よかった、よかった・・・

しおりんのおかげで、さっきまでのイライラは吹っ飛び、
「新幹線に乗ってよかった
って思った、単純な私。

今度は、新幹線に乗って、もう少し遠くに旅行したいなぁ・・・




【 2007/10/30 】

| 育児日記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
近所の公園
昨日行った公園にはお砂場がなくて、
しおりんがせっかく持って行ってたお砂場セットが使えず、
しおりんが不服そうだったので、
今日はまた近くの公園に行きました。

午前中はスーパーに行ったので、
公園はお昼寝の後。

小学生もいる時間で(と言うか、何かの振り替え休日なのか、
小学校は今日はお休みみたいだったけど)
大きい子がいっぱいいてボール遊びとかしてて危なそうだったら、
さっさと帰ろうと思って行ったんだけど。

案の定、小学生がたくさんいて、
公園で自転車を乗り回したりしていたけど、
しおりんはそんなの気にせず、
先日怖がったすべり台へ・・・。

きっと昨日のローラータイプのすべり台が楽しかったから、
こないだのことは忘れてたんだろうね。

でもやっぱり階段の途中で
「こわい!おりる~!ママだっこしてちょうだい!」

抱っこして下りるのも怖いので、
「ママがてってつないでるから大丈夫だよ~」と、
しおりんをすべり台に座らせ手を引っ張りました

しおりんは上手に速度をコントロールしながら下りて来て、
「できた!!!こわくなかったねぇ。たのしかったよ。」

一度自分で滑れたら、またまたはまってしまい、
「たのしいねぇ!」って言いながら、何度も何度も繰り返し滑ってました。

071029suberidai.jpg

20071031233444.jpg


こないだ来た時には、私と一緒に滑り降りたものの、
その後はすべり台に近付こうともしなかったのに。



途中で小学生が3人、すべり台で遊び始めたので、
「しおりはもういっぱい遊んだから、
今度はお砂遊びしようよ」
って言ったけど、
しおりんはまだすべり台で遊びたそう。

でも、「お兄ちゃんたちとぶつかったら危ないからね。
せっかくアンパンマンのスコップ持ってきたんだから、
お砂遊びしようよ」
ってしおりんの手を引っ張ってたら、
その小学生たちが「じゃぁ、一緒に遊ぼう!」って言ってくれました

『一緒に遊ぶ』と言うよりは、
アンパンマンのお砂場セットで本人たちが楽しんで遊んでいましたが・・・

でも、しおりんがお兄ちゃんたちが作ったアンパンマンやバイキンマン
(アンパンマンやバイキンマンの型があるんです)
を壊したりしても、
「いいよ、また作ればいいから!」って言ってくれたり、
お兄ちゃんが遊んでいたスコップをしおりんが欲しがったら、
さっと渡してくれたり、
それなりにしおりんに気遣って遊んでくれました。

071029oniichan.jpg


しおりんも楽しそうに、お兄ちゃんたちの側にくっついて
遊んでいました

しおりんみたいに小さい子は
本当は午前中に公園に行くべきなのかもしれないけど、
こうやって違う年齢の子と遊ぶのも、
お互いにとっていいことだなぁって感じました。

社宅にいた時にはそういう意味ではとてもいい環境だったけど、
こっちではなかなかできることじゃないなって思ってたけど、
思いがけず声を掛けてくれたお兄ちゃんたちに感謝です


【 2007/10/29 】

| 育児日記 | コメント(4) | トラックバック(0) |
パパと公園に行ったよ!
昨日は台風のおかげで荒天だったけど、
今日は一転してとってもいいお天気

お弁当を持って公園に行こうと張り切ってたんだけど、
午前中はパパがお友達とゴルフの練習に行ってしまったので、
午後から公園に行きました

もちろん、自転車で



朝から「今日はパパと一緒に自転車に乗って公園に行こうね」
って言ってたので、
しおりんはお砂場セットとボールを持って、
ずっと、「パパは~?」「おそといこうよ~」
「じてんしゃのるよぉ~」

仕方なく、午前中は三輪車でお散歩したり、
家の前(の中学校の正門)で遊んだりしました。

しおりんはパパが帰って来たらすぐに公園に行けると思っていたみたいで、
「ごはんたべんの!おなかすいてない!」とか
「ねんねせんの!」って言ってたけど、
近くの回転寿司屋さんに食べに行った帰りに、
自転車で寝てしまいました

071028nennne.jpg



しおりんがお昼寝から起きてから、いざ三橋総合公園へ



千葉に住んでいた時に近所のコミュニティセンターではまった
ローラータイプのすべり台。
ここのは勾配がなだらかで、小さい子でも滑りやすいようになっていて、
もちろんしおりん、はまりました

何十回繰り返したかなぁ?
もう、滑り終えたら階段の所に行くのが当たり前、みたいな感じで、
くるくるくるくる・・・。

071028suberidai.jpg

071028suberidai2.jpg


パパとのサッカーもとっても楽しかったみたいで、
キャッキャと言いながら走り回っていました

071028soccer.jpg

071028nigero.jpg



普段、パパがお休みの日は車でショッピングしたり
少し遠くにお出かけすることが多いんだけど。

今日、パパとはしゃいでいるしおりんを見て、
『お休みだからって遠出せず、こうやって公園で遊ぶのもいいなぁ』
って思いました。
しおりんにとっては、お買い物なんかよりも
こっちの方がずっと楽しいはずだもんね。



公園に行く前に、パパの要望で
公園とは反対方向にある野球用品屋さんのセールをのぞきに行ったり、
帰りにスーパーに寄ったり、
とにかくかなり長時間、自転車に乗りました。
公園に行く途中には坂道もあったし。

しおりんはとっても喜んでいたけど、
私は足の付け根が痛い

日頃の運動不足が祟りました・・・

でも逆に言えば、自転車に乗るのもいい運動になってるってことよね?!

頑張って自転車乗るぞぉ~








【 2007/10/28 】

| 育児日記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
自転車デビュー
ネットで注文していた子供乗せ自転車が届きました

散々悩んで、イロイロ比較検討して、お店の方にも相談して、
もし二人目ができても早くから乗れるように、
10ヶ月の赤ちゃんから乗れるタイプにしました


しおりんに、「自転車が届いたよ!」って言うと、
「やったぁ~!スプー付いてる?」
・・・え!?
あぁ・・・。
ショッピングセンターの自転車売り場で、
しおりんがぐーちょこらんたんの子ども用自転車を見ていたから、
「もうすぐうちにも自転車が来るからね。
しおりちゃんは前に乗るんだけど・・・」

って話をしたんだったね

同じショッピングセンターの自転車売り場で
しおりんのヘルメットを試してみた時に
(結局自転車と一緒にネットで購入しましたが)、
「これ、自転車に乗る時にかぶらんといけんのんよ」って教えていたので、
私が自転車をダンボールから出していると、
「じてんしゃのる!ぼうしかぶるんよ!」って言ってました

最近、いろんなことをよく覚えてるので、
びっくりさせられます。


話が反れましたが・・・。

今日はあいにく雨模様だったんだけど、
自転車が届いた時にはちょうど雨が止んでいたので、
さっそく試乗。

071026jitensya.jpg


夕方だったし、またいつ雨が降るか分からない天気だったので、
近所をぐるっと一周しただけだったけど、
服を着れば12kgくらいのしおりんを乗せていても楽々♪

しおりんも楽しかったみたいで、
「こわくない?」って聞いても
「こわくない!きもちいいねぇ~。ママもきもちいい?」


家に帰ると、
「まだかえらないんだよぉ~。
あっちにいくよぉ~。」


これから自転車でいっぱいおでかけしようね!



今までは車での移動が当たり前の生活をしていたけど、
こちらでの生活は(千葉でもそうだったけど)
自転車の方が何かと便利。
ちょっとスーパーに行っても駐車券が必要だったり、
2,000円以上買わないと駐車場代がかかったり。
(毎日のお買い物では、毎回2,000円越えるお買い物って訳じゃ
ないもんね。)

福岡や鹿児島では、
スーパーでは駐車券が必要ないことがほとんどだったので、
未だによくレジで駐車券を出すのを忘れる私・・・

それに、道路も渋滞が多いので、
5キロ先のお店に行くのに、
30分以上かかっちゃうなんてこともしばしば。

せっかく買った自転車、
しおりんも喜んで乗ってくれることだし、
ガソリン代の節約、運動不足解消にもなりそう

二人目ができるまでは
頑張ってできるだけ自転車でお出かけしようと思います


ちなみに自転車、
ダンボールに入れられてました。

こんな大きなダンボール、みたことない!

071026deka.jpg


宅急便のお兄ちゃんは、これを肩に担いで持って来ましたよ


【 2007/10/27 】

| 育児日記 | コメント(6) | トラックバック(0) |
育児支援センター
毎日のように、しおりんサービスです
今日は、大宮駅の隣にある『育児支援センターおおみや』に行って来ました。

しおりんがお友達と遊びたそうにしていたので行ってみたんだけど。

人見知りはほとんどしないと思ってたんだけど、
お部屋に入るなり、ママの陰に隠れ気味。
たくさんのおもちゃを見付けて、そっちに行きたいらしく、
私の手を引っ張って、
「ママもいこうよぉ~!」

初めてなので、受付時にいろいろ説明してもらったり、
用紙に記入しなきゃいけなかったので、
「先に行ってて」って言っても、
「ママもいくの!」

ショッピングセンターのおもちゃ売り場なら、
私の手を振りほどいてでも一人でおもちゃに突進するのに。

変なしおりん!

結局私が用事を済ませるまでずっと手を引っ張りっぱなしで、
一緒におもちゃのあるところへ。

一番気に入ったのは、室内用のすべり台。

公園の長いすべり台は怖いけど
(幼児用の短いのは好きだけどね)、
これなら楽しいみたい

何度も何度も飽きずに滑ってました。




それから、スロープカーにも夢中になってました。

071025slopecar.jpg

スタッフの方や、他のママに「上手だね~」って褒められたのもあって、
これもひたすら繰り返してました。



小さい子ばかりだったので、
おままごとセットも独り占め。
(投げ散らかしてる赤ちゃんはいましたが。)

071025oryouri.jpg


包丁で切っては、お皿に山盛りにして、
しょうゆ差し(?)を持って「これかけるんよ~」

「何かけてるの?」って聞いたら、
「ジャム!」だって!

で、
「で~きたっ!ママ、たべてちょうだい!」
「これ何?」って聞いたら、
「スープ!」

・・・甘そ~
いつも私の料理してるところを見たがるんだけど、
修行が足りないわね

ここでも、よそのママに「何作ってるの?おいしそうね。」
って言われると、
少し恥ずかしそうにして、私の方へべったり寄って来ました。

今さら人見知り?
慣れない場所で、子どもがいっぱいいたから、
圧倒されただけかなぁ?
それとも・・・断乳して甘えん坊さんになってるのと
関係あるのかなぁ・・・



それでも成長したなぁと思ったのは、
お友達におもちゃを取られて泣きそうになってても、
私が「しおりはもうたくさん遊んだから、
お友達にどうぞってしようね」
って言うと、
「どうぞ!」って渡して、
自分は違うおもちゃのところへ。

しおりんよりも小さい子どもが近くに寄って来たら、
私が「赤ちゃんがいるから、気を付けてね」って言うと、
その場で動きを止めて、赤ちゃんが自分の近くを通り過ぎるまで
待ってたり。
いつものように、頭をヨシヨシってしたり。

1歳前後の小さい子どもが多かったので、
しおりんはとってもお姉ちゃんに見えました。

ちょっと前まで、あんな赤ちゃんだったのにね。



この育児支援センター、
大宮駅でのショッピング帰りなんかにも寄れるので便利かも。

あとは、自転車が来れば、少し離れた与野の育児支援センターにも
行ってみようかな







【 2007/10/25 】

| 育児日記 | コメント(8) | トラックバック(0) |
公園デビュー?
昨日の公園がよほど楽しかったのか、
今日も朝から何度もしおりんが
「こうえんいこっか~!」「どうぶつえんいこうよぉ!」
って言うので、
しおりんがお昼寝から起きてから、
三輪車に乗って、近所の公園に行ってみました。

071024syuppatsu.jpg


先客がたくさんいるかなぁ・・・と、
少しドキドキしながら行ったんだけど、
公園はガラ~ン。
3時前だったからかな?


古い公園で、遊具も古くて、
すべり台の階段がとても急勾配で、階段と言うよりもハシゴ!
怖がりしおりんは案の定、てっぺんまで上って「こわいよぉ」

071024kowai.jpg


「すべりだい!すべりだい!」って言う割に、
少し長い(高い)と怖がって滑らずに階段を下りようとするんだよね。

ここのは自分で階段を下りるのも怖がって、半べそ。
助けに行くのも大変だった。
しおりんを抱っこして階段を下りるのも怖かったので、
一緒に滑りました。

あんなタイプの古いすべり台は久しぶり~。
今までは、鹿児島でも習志野でも、公園には恵まれていたのかな?
習志野の時は、
区画整理中の地域だからか、近所にたくさんキレイな公園があったの。
もちろん、遊具もピカピカ。
小さい子どもでも楽しめる遊具が豊富だったなぁ・・・。



しおりんが気に入ったのは、初めて乗るシーソー。

071024shiso.jpg


私はスカートを履いていたので乗れなかったんだけど、
何度も乗って、
「ママものってちょうだい!」

手でシーソーを押すのは、かなり疲れました。



昨日に引き続き、ここでもしおりんは枯葉を手でクシャクシャ。
足でもカサカサ。

071024fumifumi.jpg071024poi.jpg




途中、1歳少しくらいの男の子がおじいちゃんに連れられてやって来て、
しおりんは「あっ!おともだちきたよ!いってみる!・・・こんにちは~!」
って喜んで近付いて行ったんだけど、
男の子は恥ずかしかったのか、
おじいちゃんに顔をうずめ、固まってしまった

そう言えば、社宅でもここ1ヶ月くらいは
お友達が先に出て行ってしまったり、
我が家の荷造りなんかで、
当分お友達と遊んでないからなぁ。

今日の午前中、お買い物に行った時にも、
立ち寄ったおもちゃコーナーで
1歳半くらいのお友達に
「あっ。おともだち!こんにちは~。
これ、アンパンマンだよ!」

って話しかけてたし。

子供服売り場でも、3歳くらいのお姉ちゃんに
「これ、てんとうむし?こっちはいちごかなぁ・・・?
ねっ!かわいいねっ!」

(洋服の柄を指差して)
って話しかけてたし。

しおりんはお友達と遊びたいんだろうなぁ

近いうちに、育児支援センター
(遊べるスペースがあるから、お友達もいるはず)に行ってみようかな



※今日は少し肌寒かったので、
広島のおばあちゃんにいただいたダウンベストを
初めて着ています
ジャストサイズだし、似合ってる
しおりんも「おばあちゃんにかってもらったんよ~。よかったね。
『もしもし~』って、『ありがとう』っていったんよ」
って、嬉しそうに言ってました







【 2007/10/24 】

| 育児日記 | コメント(4) | トラックバック(0) |
大宮公園
今日は大宮公園に行きました。

お昼前になって、急遽思い立ち、
引っ越しで出たダンボールを処分場に持ち込んだ帰りに
寄ってみました。

実は、こっちに来てからまだ公園には行ってなかったの

三輪車でお散歩に行って、
近所の公園を何ヶ所か『視察』はしていたんだけど、
ちょうど大勢のママたちが集まって何かしてたり、
(何だったんだろう?ママチャリがたくさんとめてあって、
15人くらいのママが集まって
紙を持って一人が説明してる風だった・・・。)
小学生がサッカーをしていて危なそうだったりで、
まだ埼玉での公園デビューを果たせてなくて。

(でも、大宮公園はうちからだと少し遠くて、
『近所の公園』って訳ではないので、
本当の『公園デビュー』はまた後日かな。)



久しぶりの公園に、しおりんは大喜び

まずは公園を見ながらおにぎりで腹ごしらえをして、
いざ、公園へ。

071023onigiri.jpg


「こわい」と言いつつ、すべり台を何度か滑り、
パンダの乗り物(?)に乗って
(この手の遊具が好きなんです)、
後は公園内を走り回っていました。

071023panda.jpg


中央にある乗り物コーナーで誰かが乗り物に乗って、
音楽が流れてくるたびに、
しおりん独特の腰を低く下げたダンスを披露

071023dance.jpg


近くのベンチで横になっていたおじさんに
笑われました



駐車場から公園スペースに歩いている途中、
しおりんが『小動物園』のポスターを目聡く見つけ、
「ニャンニャンがいるよ!ニャンニャンみにいこうね!」
って言っていたので、
小動物園にも行ってみました。

なんとタダなの!

狭いし、動物の種類も少ないけど、
小さい子どもを連れて行くにはいいかも。
おさるさんとかくまさんとかぶたさんとかいましたよ

しおりんはとっても喜んではしゃいでいました。
「パンダさんは~?」とか「ぺんぎんさんみにいこうよ!」とか
言ってましたが・・・
(もちろんそんなのいませんから!)

071023osarusan.jpg071023torisan.jpg

071023inko.jpg



面白かったのは、動物を見たしおりんの感想。
ヤマネコ・・・かわい~ ←まだ許そう。
インコ・・・きれいねぇ。 ←全うな感想。
カメ・・・おもしろ~い ←何が?
ハイエナ・・・かわいいねぇ ←え゛?

面白い感性をお持ちで・・・。



駐車場への帰りには、
歩道を通らず、木の間を通ってどんぐり&松ぼっくり拾い。

071023happa.jpg

071023donguri.jpg

071023inaiinaiba.jpg071023hashire.jpg



しおりんは、枯葉のカサカサいう音が面白いのか、
わざと足踏みしてみたり、
枯葉を拾ってクシャクシャ崩してみたり。

071023chigiru.jpg


そう言えば、いつの間にかもう秋になってるんだなぁって、
初めて気付いた

冬になる前に、
いろんな所にしおりんを連れて行ってあげたいな



※今日は向島のおばあちゃんにいただいたジャンバースカートを
初めて着ました。
「しおりんに黒は似合わない」って勝手に思ってて、
黒い服は初めてだけど、
よく似合ってた
子どもって、派手な柄物も、シックな服も、
何でも似合うから羨ましい
両サイドのポッケがかわい~







【 2007/10/23 】

| 育児日記 | コメント(6) | トラックバック(0) |
きれいなおふろ
新しいお部屋に引っ越して来て、
1週間と少し経ちました

まだなんとなく行き場の決まらない物たちが
そのまま床に置いてあったりして、
なんとなく散かってる感じの部屋なんだけど、
とりあえず普通の生活を送れるようにはなりました。

平日、しおりんと二人の時に片付けていても、
なかなかはかどらないし、しおりんもかわいそうなので、
片付けは1,2時間集中してやるようにして、
引っ越し翌々日の月曜日から毎日のように、
しおりんとお散歩に行ったり、
広めのショッピングセンターにお買い物に行ったりしてます

しおりんの様子は全く変わりなく・・・。
「ここ、しおりちゃんのおうち?」とか
「ここ、しおりちゃんのおうちなんよ!」などと時々言ってるけど、
特に違和感なさそうです。

引っ越したと言っても、もちろん家具はそのままだから、
自分の家だと言う意識はあるのかな?

新しいお部屋は、もぉ~快適
2LDKだけど、一部屋一部屋が広いし、
築3年なので、まだピカピカ

しおりんも、教えたわけでもないのに、毎日、
「きれいなおふろ、はいろっか~」
って言ってます

社宅のお風呂は、私たちが入居する時に塗ったはずの壁が
すでに剥げ始め、
コーキングやタイルの目地は真っ黒(カビキラーしても落ちない)で、
私がいつも「ばっちぃ(=汚い)から触っちゃダメよ!」って
叫んでたもんね




お引っ越しの時のことを少し・・・。

土曜日は朝8時にトラックがやって来ました

そして、横浜に住んでいる義妹が8時くらいに来てくれました
引っ越し作業の間、しおりんとお砂場で遊んでくれたり、
お散歩に連れて行ってくれたりして大助かり。

エレベーターのない4階からの引っ越し作業
(しかも階段や踊り場がとても狭いし高さも低い
だったけど、
1時くらいにはなんとか荷物を積み終わりました。

駅の近くでお昼ご飯を食べ、
壊れたり汚れたりしやすい物を自分たちの車に積んだので
乗るスペースがなく、
私としおりんと義妹は電車で移動。
パパだけ車で新居へ。

首都高は混んでいるだろうから、
私たちの方がパパや引っ越し屋さんよりも
先に着くはずだと思っていたのに、
3時頃、私たちが上野で乗り換える頃にパパから電話で
「引っ越し屋さんはもう着いたって!」

結局、パパが不動産屋さんで鍵を受け取り、
3時半くらいに新居に着いたみたい。
(ちなみに私たちが着いたのは4時ごろ

搬入はスムーズで、
(搬出の時よりも『しっかりした人』が増えてたし。
きっと、引っ越し屋さんのリーダーが「ここは大変だから!」って、
ヘルプを頼んだんでしょうね
5時過ぎには終わりました。

思っていたよりも早く終わってよかったぁ~。

義妹はうちにお泊りで、
翌日もしおりんの面倒を見てくれました。

しおりんと一緒にスーパーにゴミ袋を買いに行ってくれたり、
届いたばかりのしおりんの三輪車を組み立ててくれたり・・・。

071014sanrinsya.jpg
ひいおばあちゃんにもらった三輪車。大喜びでした

きっと私たちよりも、
義妹が一番疲れたと思う・・・

おかげで荷解きもはかどって、
一番荷物の多いキッチン周りは
日曜日のうちにほとんど片付きました

大宮駅近くで一緒に晩ご飯を食べた後、
義妹をお見送り。

しおりんは、
「おねえちゃん、てってつなご♪」って、
パパやママよりも義妹に甘えるので、おかしかった

パパやママはすぐに怒るけど、
おねえちゃんは怒らないし、たくさん遊んでくれるしね

おねえちゃんと過ごした時間がしおりんはよほど楽しかったのでしょう。
日曜日のお昼はおねえちゃんと一緒にピザ&パスタを食べたんだけど、
それ以来、TVのCMでピザを見る度に
「あ~っ!いっしょ、いっしょ!しおりちゃん、これたべたよ~。
おねえちゃんといっしょにたべたんよ~!」


おねえちゃんが連れて行ってくれたスーパーに行くと、
「ここ、ここ!おねえちゃんにおせんべいかってもらったんよ~!」

スーパーに行く時、おねえちゃんに渡していた地図を
私が見ていると、
「それ、おねえちゃんのなんよ!」

しおりんのおしゃべりの中に、
『おねえちゃん』がしょっちゅう登場します。

Yちゃん、どうもありがとう
しおりんもとっても喜んだし、
何よりとても作業がはかどって助かりました。
貴重な土日を潰してしまってごめんね。
また、部屋が片付いたら、遊びに来てね


071014onechan.jpg




引っ越してくる前、心配事が少しありました。
一つは契約してから知らされた、隣の部屋が大家さんだっていう事実。
厳しい方だったら嫌だなぁと心配していたんだけど、
ご挨拶に伺った感じでは、とっても優しそうなかわいらしい感じの奥さんで、
ほっと一安心。

それから、中学校が目の前、小学校もすぐ近くなので、
チャイムの音なんかがうるさいかなぁって思っていたけど、
それほどでもなかったのでよかった~

朝7時半から8時半、お昼1時から4時の間、
家の前の道路が進入禁止になるのがちょっと面倒だけど。
(許可証をとってあるので、通れるんだけど、
いちいちガードマンのおじさんや警察に止められるの

その分、その時間は交通量が少なくてしおりんにとっては安全かな。



そろそろ、こちらでもお友達を作らなきゃ♪
ネットで購入した子供乗せ自転車が今週末には届く予定だし、
新しい土地での生活をまた思いっ切り楽しもうと思います



【 2007/10/22 】

| 育児日記 | コメント(8) | トラックバック(0) |
断乳4・5日目の記録
土曜日はお昼までお仕事のパパと大宮駅で待ち合わせてお昼を食べ、
その後ウロウロしたので、
しおりんはベビーカーでお昼寝しました。

昨日に引き続き、「おっぱいとは言わせない作戦」。

夜も、昨日と同様、寝る前にパパに
「しおり!おっぱいとバイバイしたんでしょう?エライね。
おっぱい飲まずにねんねするんよ。おやすみ!」
って言ってもらったせいか、
ベッドに言ってもおっぱいを見るとも言わず、
いつものようにベッドの上でしばらく戯れ、
体勢を色々変えてみながら、
結局私に背を向けて、昨日と同じ格好でねんねしました。



日曜日。
今日引越しの方のTVをいただくことになっていて、
社宅まで取りに行かなきゃいけなかったので、
朝早くから車で外出。

お昼寝は車の中で。

夜。
今日はうっかり、パパに「おっぱいバイバイしたんでしょう?」
って言ってもらうのを忘れていたせい?
ベッドに行くと、久しぶりに「おっぱいのむ!」
私が「え~。もうバイバイしたじゃん。しおりはえらいもんね。
おっぱい飲まなくてもねんねできるもんね。」
って言っても、「おっぱいのむ!」って言って、
私のシャツを強引にめくろうとする・・・。

隣の部屋にいたパパを呼んで、
パパが「あれ?しおり、おっぱいバイバイしたんでしょう?
もうおっぱい飲まんのでしょう?」って言ったら、
「のむ!」って言ってたけど、
もう一度パパが言い聞かせると「のまんの!」

その後は、いつものように「こっちがいい」「やっぱりママだっこがいい!」
って言いながら色々体勢を変え、
パパと私の枕の間に来て(パパはまだ一緒に寝てはいないけど)
私の腕枕で寝ました。

もう「おっぱい!」って言わないだろうと思っていたのにな。


でも、生まれてから2年ちょっと、
毎日飲んでいたおっぱい。
急に忘れろと言う方が無理だよね。
むしろ、よく我慢できるなぁと言うのが、私とパパの感想。

よく、「おっぱいをやめたら、夜中に起きなくなるよ」って聞いてたけど、
本当に起きる回数が激減したし、(起きない日もある)
起きても泣かずに「ママ?だっこしてちょうだい!」
って言うくらいで、すぐに寝るの。

断乳してしばらくは、夜中に起きた時に
「おっぱい!おっぱい!」って言って、
眠れないんだろうなぁって覚悟していたから、
正直拍子抜けと言うか、ほっとしてると言うか・・・。



でも、やっぱりおっぱいを離れることで、
少し精神的に影響があるのか、
しょっちゅう、「ママ、にこっ!」って言って、
自分も笑顔を作り、私にも笑顔を求めたり、
「ママ、すっき~」って言って、しがみついて来たり、
「ママ、おかおみてちょうだい!」とか
「こっちむいてちょうだい!」って言ったり、
「ママ?おこってない?」って何度も聞いたりするの。

引っ越して環境が変わったせいとか、
引越しの後片付けの邪魔をして、
いつもより怒られる回数が多くなっちゃってるせいもあるのかもしれないけど。

やっぱり、引っ越して少し落ち着いてから断乳した方がよかったのかなぁ
という思いも拭えません

行き当たりばったりのママで、
しおりんは余計に辛い思いをしているのかなぁ・・・。



【 2007/10/21 】

| 育児日記 | コメント(4) | トラックバック(0) |
断乳3日目の記録
今朝は起きても「おっぱいみる!」とは言わず、
すぐに「あっちいく!」って言って、
1階に下りました。

午前中はお片付けに専念したかったんだけど、
しおりんが「おそといく~!」「おさんぽいこっか!」ってうるさいので、
お昼前からお買い物に出かけました。

フードコートで昼食を食べ、
「しばらくベビーカーでウロウロしてたら寝てくれるかなぁ。」
って思って、ニトリ(大型の家具屋さん)の店内を徘徊することに。

しおりんは移動の車の中でウトウト。
そして、ニトリに着いてベビーカーに移しても、そのまま寝てました。

しおりんの部屋のカーテンや、洗面所のタオルを置くラックを物色したけど、
4,50分潰すのが限界。

ニトリを出て、近くにあるヤマダ電機に徒歩で移動しようと外に出ると、
しおりんお目覚め。

・・・こんな感じで、今日のお昼はおっぱいなんて言わせない作戦で
行きました



夜。
寝る前にパパに「しおり、もうおっぱいとバイバイしたんでしょう?
もうおっぱい飲まんのよ。」って言ってもらったら、
素直に「うん」と言って、
「おっぱいみる」とも言いませんでした。

しばらくベッドの上で戯れ、
「こうやってねんねする!」「こっちがいい!」「ママだっこがいい!」って言って、何度も体勢を変えていたけど、
結局、私もしおりんも横向きになって、
しおりんは私に背を向け、私がしおりんを抱っこするような形で
ねんね。

自分が落ち着く、寝やすい体勢を模索してるのかな。。。



【 2007/10/19 】

| 育児日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
断乳2日目の記録
昨夜のしおりん。

やはり何度も「おっぱいみる!」と言って、おっぱいを見ては、
「うふふふっ。アンパンマンいるよ。ニコニコってしてるよ。」
なんて言っていました。
(お風呂から出た後、消えかけた顔をもう一度描いておきました

夜の寝かし付けもどうなることかと思っていたけど、
何度もおっぱいを見て、明るく「ばいば~い」って言ったかと思えば、
またすぐに「おっぱいみる!」

でも、4,5回繰り返した後、諦めたのか、
「ママだっこがいい!」って言って、
私の腕枕で寝ました。
寝かしつけに、15分くらいしかかからなかったかも。

いつもなら、寝てから1時間くらいで泣きながら起きて、
おっぱいをせがむのに、
昨日は私が起きている間には全然起きず・・・。
3時半ごろ起きたけど、泣きもせずに「ママだっこ!」

すぐに寝ました。

7時過ぎにも同じように「ママは~?だっこしてちょうだい!」
起きるのかと思ったのに寝てしまった・・・。

そして8時に起こすと、
「おっぱいみる!」

「ニコニコってしてるね。おっぱい、ばいば~い!」



おっぱいにこだわってはいるけど、
飲みたいとは全然言いませんでした。


そしてお昼寝・・・。
昨日と同じように、自分からベッドに行ったのに、
おっぱいを見て、おっぱいをもらえないと分かると、
「ねんねせん!」って言って、ベッドの上でピョンピョン。

途中で何度も「おっぱいみる!」

そのうち、睡魔に負けたのか、私の腕枕でねんね。

1時間くらいして、
「ママぁ~っ」って泣きながら起きて、
「おっぱい、のむぅ~っ!」

「おっぱいバイバイしたでしょう?偉かったね。」って言うと、泣き止んで
「おっぱいみる!」って言って、自分で私のシャツをめくり、
やっぱり顔の描いてあるおっぱいを見て
「おっぱい、みんの~!」って泣き出しました。

かわいそうだった・・・。

「いつものおっぱいに戻ってたらいいなぁ・・・」って思いながら、
何度も確認してるのかな?
いつまで経っても戻らないから、
悲しくなったのかな?


そのまま起きるだろうと思っていたのに、
(最近はお昼寝は1時間前後だし)
枕に顔を埋めて、泣き寝入り。

その後、いつまで経っても起きないので、
2時間半後に起こしました。

起こした時にはケロっとしてて、
「おさんぽいこっか!」なんて言ってました。


そして、お風呂の時。
おっぱいが張って、とても痛いので、
しおりんに背を向けて、おっぱいを少し絞りました。

でも、しおりんがそれを目聡く見つけ、
「なみだでてきたよ~!」
(昨日、お昼寝の時に出て来たおっぱいを見て、
しおりんが「おっぱいでてきた!」って嬉しそうに言ったので、
「違うよ~。涙が出て来たんだよ~。
しおりちゃんとバイバイするの、さみしいなぁって。」
って
私が言ったので

そして、しおりん用のスポンジで
おっぱい・・・いや、『涙』を拭いてくれました。
勝手に溢れているおっぱいに
「あ~あ、またなみだでてきた~」って言いながら、
何度も何度も・・・。

優しいしおりん。

だましてごめんね。



今日の夜。

昨日のお昼寝から、4度目のおっぱい無しでの寝かしつけ。
もう大丈夫だねって思っていたんだけど・・・。

ベッドに行くと、いつも通り「おっぱいみよっか!」

でも、「じゃ、バイバイってしよっか」って私が言っても、
「バイバイせんの!まだみるんよ!みる!」
・・・そう言いながら、おっぱいに顔を近付けて、飲もうとしました。

今日はもうおっぱいに顔を描いていなかったから、
「いつものおっぱいだって思っちゃったのかも。

「あれ~?おっぱいバイバイってしたんでしょ?」って言ったら、
最初は照れくさそうに「へへへっ」って笑っていたけど、
何度かおっぱいに顔を近付け、私がそれを引き止め・・・
って繰り返していたら、
そのうち、「おっぱいのむ~っ!」って言って泣き始めました。

とても悲しそうに激しく泣くしおりんを見て、
私も辛くって一緒に泣いてしまいました。

「しおりがそんなに泣いたら、ママも悲しいよ。
はい、もうおしまい。
ママももう泣かないから、しおりも泣かないよ。
ママはしおりが大好きだよ。
抱っこしてあげるから、一緒にねんねしよっか。」

そう言って、お互いの涙をティッシュで拭き合いました。

そして、しおりんを抱っこして、
(私もベッドに横になって、うつ伏せになったしおりんが
私の身体の上に乗っている状態で)
子守唄を唄ってやると、
「『げんこつやま』がいい!」ってリクエストしたり、
突然「ごっつんこ!」って言って、私のおでこに頭突きしたり、
突然起き上がって、私のお腹の上に座ってピョンピョン跳ねたり。
しばらく戯れました。

でも、すぐに「だっこがいい!」って言って元の体勢に戻り、
そのうちすやすやと寝息を立て始めました。

今日はおっぱいバイバイして以来初めて、
しおりんがおっぱいに激しい執着を見せたので、
私も戸惑ってしまいました。

でもすぐに諦めてくれて、よかった。

生まれて初めての試練を
頑張って乗り越えてね!しおりん!!

ママも辛いけど、頑張るよ!



不思議なことに、
おっぱいにバイバイしてから、
しおりんのことがとっても愛おしいくてかわいくってたまらないの。
(もちろん、いつもそうだけど、いつも以上に。)

初めての試練に立ち向かってるしおりんが、
健気に頑張っている姿を見てそう感じるのかな?
うまく言えないけど、愛おしいって気持ちが溢れてくる感じ・・・。


断乳前から、
「断乳の時は、しおりんが不安にならないように、
いっぱい「好きだよ」とか「えらいね」って言ってあげよう。
いっぱい抱きしめてあげよう」
って思っていたけど、
そんなこと考えなくても、自然にできちゃってる感じ。
・・・と言うか、そうしたくてたまらないの。


これが『母性』なのかな?


しおりんも少し甘えん坊になっていて、
ベタベタするんだけど、
いつもだったらあまりしつこいと「いい加減にして~」って思うのに、
今は全然。
おっぱいが張っていて、しおりんを抱っこしたり、
しおりんが「すっき~!」って私にしがみついたりする度に、
おっぱいには激痛が走るんだけど、
そんなことは全然関係なく、
逆にしおりんを抱きしめたくって。

勝手なママだなぁ・・・。


【 2007/10/18 】

| 育児日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
おっぱいバイバイ
突然ですが、しおりん、おっぱいにバイバイしました

しおりんにとってはもちろん、
私にとっても本当に突然のお別れでした。

昨日の夜中、いつものようにずっとおっぱいをくわえたまま
眠るしおりん。
強く吸い付いたまま眠るので、私はかなり痛い!
で、痛い思いをしながら強引におっぱいを外すと、
しおりんは「おっぱいのむ!」って言って起きて、
またおっぱいに吸い付く・・・。
その繰り返しで、1時間くらい。

これはいつものことなんだけど、
時々、私が我慢できなくなることがあります。

眠いのに眠れないし、痛くて痛くて、
「もう、いいかげんにしてよ~。おっぱい、もう出ないでしょう?
おっぱいなくてもねんねできるよ。」

って言うと、しおりん、号泣。

そのうち、
ヒックヒック言いながら、泣くのを我慢してるなぁって思ったら、
「なっ・・・ないて・・・ない!おっ・・・おっぱい、ちょーだい!」

泣きながらおっぱいを求めるしおりんに、
いつも私が「泣いてない?泣いてたらおっぱいあげないよ!」
って言っていたので、
一生懸命泣くのを我慢してる様子。

その健気な様子に、いつもならここでおっぱいをあげるんだけど、
昨日はかなり痛かったので、
このまま泣き寝入りしてくれないかなぁと思い、
「抱っこしてあげるからねんねしよう!」
って言ったけど、やっぱりヒックヒックなりながら、
「だっこ・・・せんの!おっ・・・ぱいのむ!」
「おっぱいはいいよ~。ねんねしよ!」
「ねっ・・・ねんね・・・せん・・・の!」
「ねんねしようよ。抱っこしてあげるから~」
・・・
そんなやり取りがしばらく続いて、
「ねんね・・・せん・・・の!あっち・・・いく!おっぱい、ばいばい!」

しおりん、自分から「おっぱい、ばいばい!」って言ったの。
私は、引っ越して気分の落ち着いた来月くらいに
おっぱいをやめるつもりだったんだけど、
しおりんのその言葉に、ぼけた頭で、
「いい機会かも。今日やめてしまおう」という気になってしまいました。
(ちなみに、「あっちいく」は、
おっぱいをもらえないのなら、寝ない!って思ったんだと思う。)

自分の発してしまった「ばいばい」のおかげで、
本当におっぱいをお別れすることになってしまったなんて知らないしおりんは、
また号泣しながら「おっぱい~~っ!」

見かねたパパがお茶を持って来てくれたんだけど、
「おちゃちゃのまんの~!」と言って、ずっと号泣。
しばらくして、泣き疲れたのか、
「おちゃちゃのむ」と、少しお茶を飲みました。

パパが抱っこしてくれようとすると、反り返って号泣し、
私に抱っこを求め、
私が「ママがずっと抱っこしててあげるから、ねんねしよう」と言うと、
泣き疲れたのか、そのまま眠り始めました。

10分位して、しおりんをベッドに置くと、
突然「パパは?」

起きたのかと思ったけど、そのまま寝ちゃった。
寝言だったのかな?



おっぱいが大好きなしおりん。
しおりんの辛さを思うのと、
今までの2年間のおっぱい生活を振り返って、
私はしばらくベッドの中で泣いてしまいました。

これが1時半から2時半くらいのデキゴト。

で、6時前にまた「おっぱい!」
「もうおっぱいバイバイしたでしょう?」って言うと、
15分くらい泣いたり泣き止んだり・・・。
泣くのを我慢して「おっぱい、ちょうだい?」ってかわいく(?)言ってみたり、
「ねんねせん!あっちいく!」とか言ってたけど、
抱っこでねんねしました。

そして7時過ぎ。
また「おっぱい!」って泣いて起きて、
もらえないと分かると、
泣きながら「あっちいく~!」

そのまま起きました。

起きてからはいつものように、部屋の中を走り回り、
ソファーの上で飛び跳ね・・・。

私が「しおり、偉かったね。『おっぱいバイバイ』ってできたね。
しおりはもうお姉ちゃんだもんね。
お茶も飲めるし、牛乳も飲めるし、オレンジジュースも飲めるでしょう?
だから、おっぱいバイバイしようね。」
って言うと、
「うん。おっぱい、あかちゃんの。
おっぱい、ばいば~い!
おっぱいね~、あかちゃんにあげたんよ。」

って言って、おっぱいに手を振っていました。


もう、とっても健気で、
私は涙をこらえきれずにまた泣いてしまいました。



しおりんが生まれたばかりの頃、
おっぱいが思うように出なくて、桶谷式のおっぱいマッサージに
通っていたので、『断乳』する時は、
桶谷式を取り入れてみようと思っていました。
(マッサージに通うつもりはないので、
あくまで「真似ごと」だけど。)

本当は、しおりんが自然におっぱいを必要としなくなる日を待つ
『卒乳』までおっぱいをあげたかったけど、
しおりんの乳首を歯で噛んでおっぱいを飲む癖に、
おっぱいが悲鳴を上げていたし、
今の様子では、二人目ができるまでに「卒乳」できるかどうか、怪しい。

だから、この秋には「断乳」しようと思い、
少し前からしおりんに「もうすぐ『おっぱいバイバイ』しようね」
って、言い聞かせていました。

だからしおりんは、覚悟していたのかもしれないね。

でも、本来なら、「今日でおっぱいバイバイだから、
好きなだけ飲んでね。」って、
最後におっぱいを心行くまで飲ませてあげるはずだったの。

それをしなかったことに、
私はかなり後悔。
「もう二度としおりんにおっぱいをあげることはないんだ。
もう二度としおりんがおっぱいを飲んでいる上目遣いの顔を見ることは
できないんだ。」と思うと、悲しくて何度も泣いてしまいました。

今日も、しおりんの健気な様子を見て、何度も
「やっぱりもう一度おっぱいをあげたい」って思っちゃいました。

だけど、そんなことをしたら、
今日のしおりんの葛藤が無駄になるし、
今度本当に断乳する時に、上手くいかなくなる気がして、
ぐっと我慢。

突然の「お別れ」に、心の準備ができていなくて耐えられないのは、
しおりんではなくて、私の方みたい・・・。


しおりんに
「おっぱい、さわってみる?(=さわっていい?って意味)」とか
「おっぱい、みせて!」って言われる度に、
涙をこらえ切れなくて泣いちゃった私。

でも、しおりんは一生懸命頑張って耐えてるんだから、
私も頑張らなきゃ。
おっぱいをやめるのが、
しおりんだけじゃなく、私にとってもこんなに辛いことだなんて、
思っても見なかった!





そうそう。
『桶谷式』に従って、
今朝起きるとすぐに、おっぱいに『顔』を書きました。

もう、かなり恥ずかしかった!

しおりんに見せると、ゲラゲラ笑って、
「おっぱい、ニコニコ~ってしてるよ。
こっちはアンパンマンかなぁ?」

(片方はアンパンマン風、もう片方は笑顔を描きました。)

何度も、おっぱいを見せてくれとせがまれました。



以下、記録のために・・・。

お昼寝の時

自分から「ねんねする~」って言ってベッドに私の手を引いて連れて行き、
心なしか、いつもより小さい声で、
照れたような顔で、
「おっぱいのむ?」

「おっぱいはもうバイバイしたんでしょう?」って言うと、
「ちがう、おっぱいみる!」

「こっち!」「こっち!」・・・と、左右の『顔』を何度も繰り返し見て、
「おっぱい、ばいば~い!・・・こっちも、ばいば~い!」って
手を振るしおりん。

これにも私は涙・・・。


しおりんは、おっぱいが飲めないなら寝たくないと思ったのか、
起き上がり、
「ねんねせんの!ジャンプってするよ~!」って、ベッドの上でピョンピョン。

そのうちまた「おっぱいみる!」
  ↓
「ばいば~い」
  ↓
ベッドでピョンピョン・・・

しばらくそれを繰り返したけど、
そのうち眠気に耐え切れなくなったのか、
私の胸を枕にして目を閉じて、
あっと言う間に寝てしまいました。

泣くんだろうなぁって思ってたのに、
全然泣かずにねんねしてくれて、
私はびっくり

いざと言う時の聞き分けはいい方だと思ってたけど、
大好きなおっぱいまでこんなにあっさり諦められるなんて。

しおりんの成長を感じて、
嬉しいような、寂しいような、複雑な気持ちでした。

この調子でうまく断乳できるかな~?




不思議なこと

最近はずっと、おっぱいはお昼と夜と夜中、
寝かしつける時しか飲んでないの。
普段、休日などにしおりんのお昼寝の時間にお出かけしていると、
しおりんはおっぱいを飲まずに寝るので、
夜までおっぱいを飲まないことはしょっちゅう。

それでも、最近はおっぱいの出る量も減っているせいか、
おっぱいが張ったり、
おっぱいが漏れることなんてなかったんだけど。

今日、お昼寝の時に、しおりんに「おっぱいみる!」って言われて、
おっぱいを見せていたら、
おっぱいがポタポタ・・・。
顔を描いたマジックが色移りしないように久々につけた母乳パッドも
濡れてました。

しおりんにおっぱいをあげたい、って言う私の気持ちに、
おっぱいが反応したのかな?
しおりんが隣で寝る体制になると、
自動的におっぱいが出るようになってるのかな?

母親のカラダってすごい~って、
今更ながら感じました。



【 2007/10/17 】

| 育児日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
いよいよ
明日はいよいよお引っ越しです

『お手伝い』をしてくれるしおりんのイライラしながら、
荷造り中。
まだ終わらないよぉ~

荷造り中から、
これを解くことを考えると、すごく憂鬱。
荷物を詰めるよりも、解く方が大変なんだよね・・・。

毎度のコトながら、引越しの時には、
我が家の荷物の多さにうんざり。

これでも、社宅に入る時にたくさん処分したはずなのになぁ。

お別れの悲しい気分に浸る余裕さえなく、
ひたすら荷物を詰めています



しおりん2歳の1週目は、
怒られてばっかりでかわいそうなんだけど。
(↑邪魔ばかりしてくれるので、つい怒っちゃう

お引っ越ししたら、しおりんのお部屋があるからね。
(と言いつつ、半分は私の部屋
引っ越して落ち着くまで、
もう少し我慢してね。


コメントを頂いている方、
ゆっくりお返事したいので、
新居で落ち着いてからお返事させていただきます。
ごめんなさい
もう少し待ってくださいね。


明日は8時にトラックが来ます。
先に引っ越した方の作業を見ていると、
いろいろトラブルも多く、
あまり要領を得ない感じの引っ越し屋さんなので、
かなり不安
(主人の会社の取引先に、一括で頼んでいるのです。)

明日中に終わるのかしら・・・?

搬入が遅くなって、
初っ端からご近所にご迷惑をお掛けするようなことに
ならなければいいけど・・・。

何はともあれ、
とりあえずは荷物の箱詰め、
頑張ります


それでは、
次回は新居からお送りしますので、
お楽しみに~


【 2007/10/12 】

| 育児日記 | コメント(10) | トラックバック(0) |
もう一つのプレゼント
いつまで続くか分からないけれど、
しおりんのお誕生日には手作りの洋服をプレゼントしたいなって
思ってます。

今年はブラウスとジャンバースカートを作りました

071007-1.jpg
*パターン*『少女の服』F肩ボタンのワンピースを少しアレンジ

071007-2.jpg
*パターン*『小さくてもきちんとした服』Wブラウス

(着用は、10/7の記事を見てね

ジャンバースカートは、本来ワンピースのパターンなので、
100サイズにして丈を大幅に縮め、袖ぐりを少し広げました。
それでもけっこうパツパツです

ブラウスは「2~3歳用」なので、大きいかなぁと思ってたんだけど、
手持ちのブラウスと比較して大差なかったので作ってみました。
丈も袖丈もぴったり!
そうだよねぇ。
「しおりん、もう2歳になるんだ・・・。」って思い出したわ

どちらもお気に入りの生地で、
かわいくできて大満足
・・・と言いたいんだけど、
おっちょこちょいな私、決定的な初歩的ミスを犯してしまいました

ブラウスの生地、方向性がないと思って、
何にも考えずに裁断したんだけど。
縫っている途中でしおりんが「あっ!ちょうちょだ!」って言うので、
「そうよ~。しおりんの好きなちょうちょがいっぱいいるねぇ。
ここにも・・・ほら、ここにも・・・」
・・・!?
ちょうちょが全部逆さま向いてる!!!

前身ごろの左・右、後ろ身頃、見返し、袖・・・。
本当にことごとく、ちょうちょが下を向いていました
お気に入りのリバティだから余計に、大ショック
だからって、高価な生地だけに、やり直し!って訳にもいかず。
(生地もそんなに余ってないし。)

ま、遠目にみれば分からないってことで・・・。
・・・って、自分を慰めている私。

以後、十分気をつけます

間抜けな母でごめんよ、しおりん・・・

しおりんはまだ「さかさま」なんて分からないみたいで、
「うわぁ~っ。かわいい~。ママつくったんよ。」って言ってくれるのが、
せめてもの慰めですわ



【 2007/10/10 】

| ハンドメイド | コメント(10) | トラックバック(0) |
2歳のお誕生日
       0710072sai.jpg



しおりん、2歳になりました

この一年、振り返ってみればいろんなことがあったんだけど、
本当にあっと言う間でした。
1歳のお誕生日がついこないだのことのよう・・・。
でもあの頃は、つかまり立ちだってちゃんとできなかったんだよね

そんなしおりんが、今では元気に走り回り、
部屋の中でもピョンピョン跳ね回り、
ソファーの肘掛やダイニングのイスの上に立って踊ってたり

最近はそんなしおりんのお転婆ぶりに、怒ってばかりの私。
毎日のように「怒りすぎたかなぁ。ごめんね。」って思っているのに、
また次の日には「しおり!やめなさい!!!」って怒鳴ってる^^;
反省、反省。
私も今日から母親2歳!
もう少し成長しなきゃね。



日々の反省、しおりんの生まれた時のことなど、
今日は朝から何かにつけて、いろんなことを考えて、
ウルウルしてしまっていた私。
しおりんのお誕生日には、毎年こうなのかしらね?

しおりんが生まれて以来、
お誕生日が以前にも増して『特別なもの』になりました。
私の父や母も、私のお誕生日にはこんな気持ちだったのかなぁって思うと、
とても不思議な気持ちでもあり、
今さらながら、改めて感謝しなきゃって気持ちでもあり・・・。


2歳のしおりんは、これからどんなふうに成長していくのかな。
とっても楽しみです♪
家族揃って、笑顔でしおりんの3歳のお誕生日を迎えられるように、
そして、私もしおりんに負けないくらい成長できるように、
また今日から頑張ろう!

しおりん、元気で明るい女の子に成長してくれて、
本当にありがとう
しおりんの笑顔に、毎日癒されているよ



今日は、記事が長く、写真も多いです
よかったらどうぞ


続きを読む
【 2007/10/07 】

| 育児日記 | コメント(4) | トラックバック(0) |
久々の発熱
最近、朝晩は寒いくらいだったり、
昼間はまだ暑い日もあったり・・・。

社宅でも風邪ひきさんがたくさんいるので、
『お誕生日直前に風邪ひいたりしたらやばいなぁ・・・』
なんて思ったのがいけなかった?!

昨日の朝から、しおりんは少し鼻水が出ていて、
夜、37.1度の発熱

今朝起きると、37.9度!
本人はいたって元気で、機嫌よく遊んでるし、
外にも出たがるんだけど、
お誕生日に風邪がひどくなるといけないので、
病院へ行きました。


最近、しおりんの成長が目に付く感じがするんだけど、
病院でも、しおりんは成長を見せてくれました

「久しぶりの病院だから、
聴診器や喉を診てもらう時には泣いちゃうかなぁ」って
心配してたんだけど。

全然泣きませんでした!

名前を呼ばれたら、
「は~い!」って返事をして、診察室に入り、
自分から先生に「こんにちは~」って挨拶。

聴診器を当てられても「つめたいね~」って余裕の感想

先生に「『あ~ん』ってできるかな?」って言われると、
「あ~ん!」
金属のヘラみたいなの(?)で舌を押されても、
嫌な顔もせずにずっと大きな口を開けていました。

診察が終わると、
「ばいば~い。またね~!」
私が「先生に『ありがとう』は?」って言うと、
「ありがとうございました!!!」


先生にも褒められ、
本人もまんざらでもない様子だったけど、
ママもちょっと得意な気分だったよ

また、『成長したなぁ』って感じた病院でのデキゴトでした。




ちなみに。
半年前は嫌がって飲まなかった水薬も、
「おいしい!まだのむ!」
粉薬も子供用のゼリー状のオブラートで包んでやるので、
「おいしい!」

無理矢理口をこじ開けて、
流し込んでいた日が嘘みたい。
ずいぶんと楽になったわ♪

食欲もちゃんとあるし、
お薬も喜んで飲むし。
早く治るといいな~!


071005onetu.jpg
お熱はあるけど、とっても元気。
ママのお掃除の邪魔・・・お手伝いをしてくれました。



【 2007/10/05 】

| 育児日記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
読書の秋
千葉に来てから、
私の趣味がまた一つ増えました。

それは、読書

子どもの頃は、読書が大好きで、
本に囲まれて生活をしていたけど、
いつの間にか遠ざかってしまっていました。

パパは鹿児島に住んでいる頃から、
「電車に乗っている時間がもったいない」と言って
電車の中で本を読むようになっていて、
「私も読んでみようかなぁ」と思いつつ、
なかなか読書の時間も取れず・・・。

だけど、鹿児島からここに引っ越すとき、
荷物を整理していて大量の本にびっくり!
そして、「私も読まなきゃもったいないなぁ・・・」って
思ったんです。
金銭的に「もったいない」と言うよりも、
「パパに遅れをとってる!
せっかくたくさんの本があるんだから、
鈍り気味の頭を鍛えなきゃ!」って感じ。

それで、まずはパパの読み終えた本を読み始めました。

久しぶりのまともな読書。
なかなかまとめて本を読む時間も取れないし、
元々記憶力のない私なので、
「これ、誰だったっけ?」って、前のページをめくり返しながらだけど、
「本ってこんなに楽しかったんだ!」って改めて気付きました。

今ではもう、常に読みかけの本が傍らにある感じ。
次に読む本も準備してないと、
落ち着かないの

パパとは少し趣味も違うので、
最近は二人で本を買いあさっています。

私は元々推理小説が好きなので、
そんな内容の本ばかりで、
「得るもの」は少ないんだけどね

今は、東野圭吾がお気に入りです

そんなわけで、
今までは『好きなことをする時間』だったしおりんの就寝後も、
つい本を手に取ってしまい、
パソコンに向かう時間も、ミシンに向かう時間も、
ますます短くなってしまっています

ただでさえ、時間の使い方が下手な私なのに、
やりたいこと(とやらなきゃいけないこと)が盛りだくさんで、
「一日が30時間くらいあったらなぁ・・・」って思う
今日この頃です



何かお勧めの本があったら、是非教えてくださいね
パパの読んだ本もそうだけど、
自分で選んだものじゃない本を読むのも、
新しい発見が多くて楽しいんだ~


【 2007/10/03 】

| つれづれ | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。